いぬねこネットワーク秋田

譲渡をしたい方  


保護主さんへのお願い


完全室内保護、もしくはケージで保護している場合のみ、貰い手探しに協力いたします
貰い手募集に際しては、犬猫ともに健康診断と寄生虫検査をお願いします。
幼い子の場合、1回の検便では寄生虫の検出ができない場合もありますので、後日再検査することをお勧めします。

飼い猫が生んだ子の貰い手募集については、飼っている猫全部の血液検査と、母猫の避妊手術を条件にさせていただきます。

幼い子猫は性別の判断がつきにくいです。
掲載後、性別が変更になる場合は、速やかにご連絡をお願い致します。

新しい飼い主さん募集に掲載した時点で、所有権を放棄したものとみなします。
思い直して、「やはり家族として迎える」という場合は、速やかに連絡をお願い致します。


猫の血液検査について


成猫の場合は、必ず血液検査をお願いします(猫エイズ FIV ・ 猫白血病 FeLV)

野良猫・外猫の子で母猫がわかっている場合は、母猫の血液検査をお願いします。(母猫を捕まえる為の捕獲器は貸し出し可能)

母猫が判らない場合、6ヶ月以上の子は血液検査をしてから貰い手募集に協力します。
幼い子猫の場合は正確な結果が出ない可能性が高い為、事前検査は必要ありません。
新しい飼い主さんには6ヶ月を過ぎたら検査をお勧めします


一部医療費の半額補助について


保護して下さっている方には、下記の項目の範囲内で、医療費の半額補助を行っています。
(1頭あたり補助限度額あり)
支払った内容が補助対象かどうかを確認できる、病院からの明細(領収証またはレシートなど)を会に提出してください。
なお、怪我をしている場合や重症の感染症など、治療費が高額になるケースについてはご相談下さい。
限られた財源で一匹でも多くの保護猫を支援するため、どうぞご理解下さいますようお願いいたします。


掲載を希望する方は、こちら からお問い合わせ下さい。


ご協力下さい


LINK

ページのトップへ戻る